ビタミンAについて

ビタミンAというのは、化学名がレチノールだそうです。カロテンというのは体内でビタミンAに変わるプロビタミンというのだそうです。レチノールというのはレバーやうなぎに豊富に含まれているそうです。ビタミンA効力を持っているそうです。カロテンというのは緑黄色野菜などの植物性食品に含まれているそうです。必要に応じて体内でビタミンAに変わるそうです。カロテンにはβカロテン、クリプトキサンチン、γカロテンなどの種類があるそうです。βカロテンは主に緑黄色野菜に多く含まれているそうです。病原菌やウィルスなどの外敵の侵入を防ぐバリア機能が皮膚や粘膜にはあるそうです。ビタミンAというのは口腔、肺、消化器官などの粘膜を正常に保つ働きがあるため、感染症を予防して体全体の免疫力を高めることにも役立っているそうです。

ビタミンAは目が光を感じるために必要であるロドプシンという物質の主成分になるそうです。目の働いに大きく関与しているといえるそうです。カロテンというのは活性酸素を除去する能力がとても高くて、がんや老化を予防する抗酸化物質として期待されているそうです。抗酸化ビタミンであるビタミンE、Cと一緒に摂取すると、相乗効果によって抗酸化作用がさらにアップするそうです。ビタミンAは不足してしまうと、粘膜や皮膚が弱くなってしまうそうです。そのため感染症や皮膚炎にかかりやすくなってしまうそうです。暗がりで目が見えにくいということもあるそうです。子どもの場合は健康障害を引き起こすこともあるそうです。レチノールというのはとりすぎてしまうと体内に蓄積して頭痛、吐き気などの過剰症を引き起こしてしまうそうです。妊娠中は特に注意が必要だそうです。

おすすめ記事