眠りと活動はひとつながり

朝目覚めた時に「今日はよく眠れたな」という感覚は、その日の一日の始まりを良いものとしてスタートする要素として、大変重要な役割を果たしてくれているはずです。

逆に「今日はなんだか眠りが浅かったな」もしくは、「なんだかよく眠れなかった」という朝の目覚めは、その日のスタートを残念な気持ちにさせてしまうことが多くはありませんか。

より良い睡眠は、皆さんの活動の源でもあり、皆さんが気持ちよく充実した1日を過ごすことで、その日の良い活動が再び良い眠りを導いてくれるのだと言えるでしょう。

良い眠りを導くためには、心身前までにマッサージや整体などで体の緊張やコリを緩やかにほぐしたり、入浴の際にシャワーだけではなく、お風呂の湯船にしっかりと浸かり心身ともにリラックスとした状態から快い眠気を導き出すなど、皆さんの1つひとつの生活習慣がパズルのピースが組み合わせて良い眠りは導き出されてくるのです。

そして、ベッド、布団、枕、空調、調光など様々な要素が皆さんの眠りには関与しているということを踏まえながら皆さんの生活スタイルを見直ししてみましょう。

おすすめ記事