従来の肩こりの解消法はダメージに

肩こりの原因として、筋肉の緊張というのがあるそうですが、その緊張には、肩の筋肉の緊張と腰の筋肉の緊張のニ種類があるそうです。そうした筋肉の緊張というのを悪化させずに安全に軟らかくする方法というのに、緩消法というのがあるそうです。

軟らかくなった腰の筋肉といいのは、腰に指を当ててみるとわかるそうです。痛みや不快感があるような筋肉の緊張だととても硬い感じがするそうです。肩こりを解消するのに今までの方法ではだめだというのはどういうことなのでしょうか。むやみに自分で治そうとするとかえって悪化させるというのです。

まず揉むというのはあまり良くないそうです。一般的にマッサージというのは、緊張した筋肉を揉むことだと思いますが、そういうことが返って筋肉が反発してしまい、さらに筋肉は硬くなってしまうそうなのです。ひどいときは炎症が起こることもあるそうです。これを揉み返しというそうです。二の腕など、本来は軟らかい部分までも硬くなっているときは、マッサージのしすぎと考えた方がいいそうです。叩くというのも駄目な治療法だそうです。筋肉を10回以上連続して叩くと、緊張した筋肉は反発を起こしてしまうそうです。そのためさらに硬くなってしまうそうです。長く肩たたきをして痛みが倍増ということもあるそうです。筋肉が反発してさらに緊張するとそうなるそうです。

強く押すというのも、叩く、揉むと同じだそうです。緊張している筋肉を強く押すと、筋肉は激しく反発するそうです。そうしてさらに硬くなってしまうそうです。痛みがあるところには絶対にやってはいけないそうです。一番危険な方法なのだそうです。安易な方法は症状を悪化させるばかりのようです。

おすすめ記事