立ち姿がどちらか一方にねじれていたら、反対側にねじるのがポイントだそうです。かばんの持ち方にも気を付けたらいいそうです。癖などで片側の肩にばかりかけていたり、片方の手で持ったりすることがある場合は、いつもと逆の手で持つようにするといいそうです。肩こりは肩を動かさないために肩周りの筋肉が緊張しておこるということ、肩こりは腰の筋肉が緊張して、肋骨周辺を下に引っ張るために、肋骨周辺の背中から肩にかけての筋肉がそれに耐えようと緊張して起こるそうです。

筋肉の緊張というのは、動かしたために起こるものと、動かさないために起こるものと、身体の歪みからくるものとがあるそうです。こういうことを理解して、緩消法をきちんと行うことが大切だそうです。筋肉をどんどん軟らかくして肩こりを解消できるそうです。腰痛緩消法はもともと腰痛で苦しむ患者さんたちのことを考えて編み出されたものだそうです。腰痛の原因がわかっていても、その原因を取り除く方法がわかっていたとしても、自分で覚えてできなければ、やはり腰痛は治らないそうです。

肩こり解消法も同じだそうです。もちろん方法がわかっても正しいやり方がすぐに習得できるわけではないかと思います。実際、自分の筋肉の状態がどうなのか、指の当て方は正しいのか、というのが不安だったりするのではないかと思います。簡単なストレッチやヨガのポーズなんかを日頃の生活に取り入れるのもいいそうです。習慣にしたらそれだけで肩こりも緩和されたりするそうです。肩こりが無くなると、気持ちも自然と軽くなるかと思います。メンテナンスをするのもいいそうです。気軽にできることが大切だそうです。やりすぎにはくれぐれも注意しないといけないそうです。