肩入れストレッチというのは、まず椅子に浅く座って、脚を前回に開くそうです。手は膝の手前で固定するそうです。そのまま状態を倒して深呼吸で20秒キープ。股関節が少しずつ伸びるそうです。片方の肩を思いっきり手前に入れて、背骨をダイナミックにねじって20秒キープ。逆側も同様にするそうです。背中がほぐれて股関節から全身に血液と酸素が巡ってリフレッシュできるそうです。開いた脚でガッチリと腕を支えているので、肩甲骨も大きく動かすことができるそうです。

背骨もグッとねじれるそうです。肩・背中まわりの凝り固まった筋肉をほぐすことができるそうです。あと一息といったような仕事や家事の合間にやると気合を入れ直すこともできるというとても気持ちの良いストレッチだそうです。腰がだるいときなどはお尻をほぐしてリフレッシュするそうです。足下が軽くなって、下半身がじんわりとあたたまるそうです。

隠れ冷え性というのは女性だけではなく若い男性にも増えているそうです。お尻を触ってみて温かいと感じなければ自覚がなくても冷え性なのだそうです。血流促進、身体の温め効果があるお尻のストレッチをして早めのケアをするといいそうです。お尻の冷えというのはコリにつながっているそうです。肩こりや首のコリは痛むことによって感じるものですが、お尻のコリというのはとても感じにくいものだそうです。お尻というのは脂肪がとても多くて、冷えの症状を感じにくいのだそうです。そのため何の対策も取らずに結果的にどんどん血行不良となって疲労物質が溜まってしまうそうです。そのせいで腰痛や倦怠感、風邪をひきやすくなるといった、さまざまな体調の不良が引き起こされてしまうそうです。