当サイトは辛い肩こりに悩んでいたり苦しんでいる方が少しでも楽になれるよう、肩こりの解消法やストレッチ方法等を掲載しているサイトになります。

掲載している解消法やストレッチあくまでも一時的に楽になるものであるため、辛い肩こりを原因からしっかりと改善するためにも専門機関への受診をおすすめしております。

当サイト内でも専門機関の紹介を行っておりますので少しでも参考になれば幸いです。

さて、正しい姿勢とキレイな姿勢は違うという事を皆さんはご存知でしょうか?

制作者は正しい姿勢とキレイな姿勢は違う事を知りませんでした。

ここでは姿勢に関する情報をご紹介していきます。

正しい姿勢とキレイな姿勢は違うようです。左右どちらかだけの筋肉を使うという行為は、頻繁に動かす筋肉と動かさない筋肉が生まれるそうです。

動かさない筋肉の方は、老廃物の排出がうまくいかなないで緊張が増していくのだそうです。

片側の筋肉だけが緊張して縮んだりすると、骨格が歪んでいくそうです。

そうして歪んだ骨格の周辺の筋肉というのは、歪みに耐えるためにさらに緊張するという悪循環に陥るそうです。できる限り、左右対称になる生活を心がけて、肩こりになりにくい姿勢で暮らすことが肝心だそうです。

骨格を歪ませないために正しい姿勢というのを取るようにいわれるかと思います。確かに歪みが生じると筋肉が緊張するので、肩こりにならないためには、正しい姿勢でいることが大切ではあるそうです。とはいえ、肩こりになりにくい正しい姿勢というのはどんなものなのでしょうか。

姿勢をキレイにというと、多くの人は胸を張るかと思います。

特にモデルさんやキャビンアテンダント、サービス業に携わる人は、キレイな姿勢というのを仕事柄心がけているかと思います。その姿勢は胸を張っている場合も多いですし、姿勢を矯正するグッズや矯正下着などを使って美しい姿勢を保とうとするということもあるかと思います。

けれど、胸を張ると腰の筋肉が上に引っ張られるそうです。それに耐えるために腰の筋肉が緊張するそうです。それが長時間続くと痛みが出てくるそうです。

そして硬くなった腰の筋肉が肋骨を下に引っ張って、肩の筋肉を自ずと緊張させてしまうのだそうです。また、矯正器具などを身に着けていると、背筋をピンと延ばしているので柔軟性が欠けてしまうそうです。

そうなると逆に肩や腰を痛めるということにもつながってしまうそうです。

他のページにも肩こりに関する情報を掲載しておりますので是非ご覧ください。