事務など同じ体勢でいると身体がカチコチになってしまうような気がします。そんな事務の疲れに効くのが股関節のストレッチだそうです。メジャーリーグの選手だったイチローやサッカーのスポーツ競技をする人がよくやっている肩入れストレッチというものが、日常のストレッチにオススメだそうです。肩こりや背中のコリの解消だけではなく、メンタルの方までリフレッシュできるのだそうです。

私たち現代人は、運動不足になりがちだそうです。椅子に座りっぱなしるといった生活習慣で、股関節は固まりがちなのだそうです。股関節が固まったままだと、背骨や骨盤の歪みの原因にもなるそうです。腰痛やむくみ、全身の疲労感というようなさまざまな身体の不調を引き起こしてしまうのだそうです。股関節というのは、インナーマッスルの大腰筋、内もも、お尻などといったたくさんの筋肉や骨格と連動しているそうです。横隔膜にまで関係しているというのです。驚きました。股関節をストレッチして柔軟にするというのは、とてもいいことが起こるのだそうです。動脈、静脈、鼠径リンパ部など、中継地点が多くあるのだそうです。

ここをストレッチするということは詰まっていた老廃物が一気に流れ出すのだそうです。血の巡りがいいと、身体が軽くなるそうです。横隔膜とつながっているので、重要なインナーマッスルである大腰筋をほぐせるのだそうです。このお陰で肺の動きが活発になるそうです。呼吸が楽になるということで、気持ちもリラックスするそうです。やはり呼吸が浅いとイライラするものなのだそうです。この肩入れストレッチというのは、股関節と肩甲骨の可動域を広げて柔軟性を高めるのでスポーツの準備運動となるそうです。