お尻のストレッチは、椅子に座ったままできるものがあるそうです。腰痛の原因となる筋肉をほぐしてあげるといいそうです。同じ姿勢を長時間やっているとお尻のまわり、骨盤をめぐる血流が滞るそうです。自覚症状がないので、知らずにガチガチに凝り固まってしまうそうです。このため全身への不調が広がってしまうのだそうです。肩こりや腰痛、冷えというもの出てくるそうです。

お尻のストレッチをすると股の裏側、大殿筋が伸びるそうです。インナーマッスルの梨状筋というのも伸びるそうです。これらはどれも腰痛の原因なのだそうです。日常生活では伸ばすということがないお尻と太ももの裏の筋肉というのは、背筋を伸ばして前屈することで、じわじわと刺激が入るそうです。お尻のストレッチは骨盤まわりの血流を改善して、下半身だけではなく全身のリンパの流れもスムーズに促してくれるそうです。だるさの解消や疲労回復、冷え性やむくみ対策にとても効くそうです。足先からポカポカと楽になってくると、肩こりもほぐれやすくなってくるそうです。

まず椅子に浅く座ってかかとを地に着けてつま先は上にするそうです。上半身を倒して、太ももとふくらはぎの裏を伸ばすウォーミングアップをするそうです。片足のくるぶしを逆の脚の膝近くの太ももに乗せるそうです。くるぶしの骨があたって痛い人の場合は、下から持ったりカバーをするといいそうです。猫背にならないように、上半身を前に倒すそうです。背筋が伸びていないとお尻の筋肉までストレッチが効かないそうですので、調節をしてほしいそうです。逆側も同じようにやるそうです。深呼吸をしながら20秒ずつゆっくりとしてほしいそうです。足元が楽になるそうです。