自律神経失調症の正体とは

「自律神経の失調症」の主な症状としては、身体に現れるフィジカルな症状と、精神面でのメンタルに現れる症状に大きく分類されるようです。フィジカルな症状の代表的なものには、めまい・ほてり・耳鳴り・便秘・下痢・疲労感・だるさなどがあげられるそうです。またメンタルにおける症状に関しては、イライラ・不安・やる気が出ない・感情的になる・焦り・緊張などがその代表的なものであると言われております。実際にこのような症状を見ていきますと、「鬱の症状」や「更年期障害」にも似ているなどと思われませんか。実際に病院などでの診断でも誤診といったようなことが起こるケースもあるようです。さらに女性においては「生理不順」や「ツラい生理痛」なども「自律神経失調症」が引き起こしている症状となることもあるようです。ストレートネックは肩こり・腰痛・めまい・吐き気などの原因ともされ、自律神経失調症との密接な関係性を述べる有識者たちも多いようです。

おすすめ記事